子育て

指しゃぶりをやめさせるには

ゆび

「だからやめなさいって言ってるでしょ!」

今日の仕事帰り、電車の中で小さな男の子がお母さんに叱られていました。
指しゃぶりをやめなさいと叱られていたのです。
 

それを見ていたら、幼いころの長男の姿が頭に浮かびました。

というのも、うちの長男は、なかなか指しゃぶりがやめられなかったのです。
とにかく、よく指しゃぶりをしていました。

おなかの中にいたころのエコー画像まで、指しゃぶりをしている姿が写っていました。
そのころからすでに、指しゃぶりが大好きだったみたいです(笑)

保育園の先生には、何度も、

「お母さんの愛情がたりないからよ」

なんて言われて。

指しゃぶりの原因は私なのか。。。

そう、落ち込んだこともありました。

おむつだって時期がくれば誰でも外れるんだもの、指しゃぶりだってそのうち治るから大丈夫。

そう思っていたけれど、結局やめられないまま小学校に入学です。
保育園時代よりもさらに、指しゃぶりへの風当たりが強くなりました。

個人面談では、

「給食当番のときに、衛生面で困ります。いい加減やめさせてください。」

と言われたり。

まあ、いろいろありました(笑)

 

親の欲目というかなんというか。

大人だって、ギャンブル依存とかアルコール依存とか買い物依存とか、やめられないものっていろいろあるじゃない?

心の安定のために指しゃぶりしたっていいじゃん!

そんなふうに、かばいたくなることもしょっちゅうでした。

 

その反面、なんとかしなくちゃと気持ちばかりが焦ることももちろんあって。

歯並びが悪くなるとか、口呼吸になるとか、指にたこができるとか、指しゃぶりが原因で起きる弊害も心配になったしね。

 

そこで、こんな本を読み聞かせしたりもしました。

タイトルがそのものずばり、「ゆびしゃぶりやめられるかな」です。
結構高かったのに、もしかしたらやめられるかも。。。という気持ちで買ったのだと思います。

 

 
これで指しゃぶりをやめました!というレビューが多かったのに、長男には全然効果がありませんでした。

確かにね、人それぞれだものね。

そして、小2もそろそろ終わりになるかというころ。

帰省した際に、私の父が、長男にある提案をしました。

どんな提案かというと。。。

「指しゃぶりやめたら10万やるぞ」

というもの。

そうしたら、なんと長男、ぴたりと指しゃぶりをやめました。

驚くくらいあっさりと。

なーんだ、こんな手があったのかって拍子抜けするくらい簡単に。

今でも、10万円で指しゃぶりをやめた話は、笑えるネタになってます。

 

そんな私の経験から、わが子の指しゃぶりに悩むママたちへひとこと贈るとしたら。。。

周りは勝手にあれこれ言うけれど、焦らないこと。
それから、気にしすぎないこと。

いつか、卒業できるときがきます。

怖い顔でやめなさいって追い詰めても、逆にやめられないのではないかなって、思うのです。

IMG_3066